STORY

大手メーカーを影で支えた
西村ケミテック

西村ケミテックは、1968年、西村薬品産業株式会社として創業。
日本の電子部品工業史において、1950年から1970年に至る時期のうち、1955年頃までは、電子部品・エレクトロニクス分野における戦後の混乱期および収束期、その後は高度経済成長の始まりおよび展開時期と考えられている。高度成長期には、家庭電化ブームに乗って民生用電子機器の大手メーカーが台頭。部品製造の量産自動機導入、海外進出の本格化など、日本の電気工業が目まぐるしい変化を遂げた時代であった。
創業間もない西村薬品産業は、電子部品の表面処理技術の確立を目指して奔走し、やがて大手メーカーにとってなくてはならない存在となるまで成長する。電子製品メーカーを『時代の雄』とするならば、その活躍を陰で強力に支えた存在が西村だった。1970年代は、大手電子製品メーカーの技術指南役も務め、さながら 『めっきコンサルタント』 として高い評価を受けた。これは西村にとって最高の誉れであり、当時の評価は今も継承され、業界内では変わらず大きな存在感を放っている。
なぜ、このような成果を収められたのか。
数字至上主義ではない。数字は大切だが、数字を生み出すためなら何を犠牲にしても良いという社風なら、ここまでの成果は生み出せなかった。

西村には、「お客様が目指す夢をともに実現したい」という強い意志と、新たな技術や価値観を進んで受け入れる積極性、そして、自らに足りないものを驚くべきスピードで身に着け、実践する実行力の高さがあった。なによりも、相手と心を通わせることを最優先とした『顧客満足第一主義』を貫く確固たる姿勢があった。
時代が変わっても、事業が拡大しても、西村が大切にするものは変わらない。

お客様が必要とする時、
必要とする場所に、速やかに品物を届ける

西村ケミテックの基幹事業である、材料・設備販売。
なかでも表面処理分野は創業事業であり、全国に拠点を展開することで、顧客目線の利便追求型戦略『ストック&デリバリー』を貫いている。単純にモノを仕入れて販売する問屋のような存在ではなく、技術サポートを包含した価値提供にこだわり、「可能な限りお客様のそばに控え、お客様が必要とする時・必要とする場所に、速やかに品物を届ける」という顧客満足第一主義の精神を大切にしている。
材料・設備販売のうち、半導体、FPD分野は後発ではあるが、今やなくてはならない成長事業のひとつである。

商社販売機能としては、大きく、プロセス材料、消耗部材、装置・付帯機器の3分野の製品を取り扱っており、そのうち装置・付帯機器販売については、一般的な商社の枠を超えた事業にも着手している。
例えば除害装置は、高性能製品の販売と並行して、難易度の高い先行管理型の装置メンテナンスサービスも展開している。装置内損耗が激しいため、メンテナンスが欠かせない製品とはいえ、メーカーに匹敵するサポート力を身に着けるまでに多くの時間や労力を費やした。その結果、『海外製の高品質な除害装置を24時間365日安定稼働させること』という『コト価値』を提供することに成功。技術サポート商社としての存在感を強めている。
同じ装置でも、薬液供給装置やスラリー供給装置については、顧客事情に合わせ、装置をオリジナルカスタマイズあるいはゼロベースから設計・製造する事業を展開している。過去の経験から生み出した独自技術を駆使し、唯一無二の価値を生み出しているため、年々引き合いが増えている成長事業だ。
いずれも商社としては新しい試みだが、西村の「お客様のためにできることはなんでもする」という精神がかたちになって生まれた事業である。

お客様と向き合い
「顧客満足第一主義」を掲げる

半導体分野同様、FPD分野でも新しい事業領域に挑戦している。
24時間365日、工場で必要とされる薬液を安定供給し続けるオンサイトTCMと、国内トップクラスの水準が求められるパネル検査業務委託。いずれもお客様の工場の一角に居を構え、工場の人手不足を補い、生産性・品質向上に貢献する業務委託サービスである。 薬液販売事業から発展したオンサイトTCMは、マーケティングの手本と言えるレベルで顧客ニーズを正しく深耕し、生まれた事業ともいえる。お客様は、正確にいえば「薬液が欲しい」のではない。「薬液が安定的に供給される状況が欲しい」のだ。当初は、「安定的に供給する」の部分をお客様自身が担っていたが、その部分を西村で担うことによって、より高付加価値のサービスへと昇華している。
検査事業は、お客様の工場の状況を熟知している西村らしい発想から生まれた事業だ。もともと大手企業では、あらゆる業務を内製化する発想があり、検査業務も基本的には自社内で行うのが常だった。しかし、時代の流れで高度な分業化が進み、積極的に社外リソースを活用することが推奨され始めると、より優れた検査スキルやアフターケア機能を持つ企業の需要が高まる。工場において検査工程は必需であるため、西村は、国内トップクラスの肉眼検査スキルを持つ実力者を集め、業務委託サービスを開始した。

西村ケミテックは、いつの時代も、お客様を第一に考える「顧客満足第一主義」を掲げる。
そのイデオロギーを貫き通した先に、社員の幸せがあると信じて。
企業の根幹を成してきた創業事業も、時代や顧客の変化に寄り添うように生まれた新規事業も、等しく、『西村ケミテックの志』が息づいている。
『今日ない価値を、明日には創る。』 それが、西村ケミテックの変わらぬ価値である。