English Japanese
English Japanese

PROFILE

H.H.(2014年入社)

中部事業所 営業課 課長代理

新規事業が軌道に乗り始めた時期に入社し、現場作業・セールスエンジニアを経験後、担当業務の運用管理に従事している。 信条は、「変化を恐れず、できる方法を考えて改善を繰り返せば絶対によくなる」。座右の銘は、「感謝!!」

半導体・FPD営業フィールド
エンジニア

DEPARTMENT’s VOICE

西村ケミテックに入社したきっかけを教えてください。

不動産営業・配管業を経て、転職サイトで西村ケミテックを知りました。
正直、商社という言葉にピンとはきませんでしたが、半導体分野で装置販売・メンテナンスを行うとのことで、今までに経験したことが少しは発揮できるのでは?と思い入社しました。
半導体分野はまったくの未経験でしたが、挑戦してみようと考えていました。

面接ではどのようなことを聞かれましたか?

面接の最後に、韓国などに海外出張がある仕事ですが問題ないですか?と聞かれたのを覚えています。当初は不安でしたが、今では韓国のメーカーさんとお取引きを担当させて頂き、日本語で家族以上に会話をしています。

所属する部署の特徴について簡単に説明してください。

私の所属する中部事業所は、表面処理や半導体など業務内容が多岐に渡ります。
国内外問わずお付き合いをさせて頂けるメーカーさんとパートナーシップを組み、比較的若いメンバーが揃っています。

部署の主力事業、あるいは重点事業はなんでしょう?

国内外からの薬品・薬液販売を主軸に、半導体向けの装置を販売しています。
立上げ・保守サポートまで対応しており、トータルサポートできるのが強みです。
当社自身がメーカーであるとともに、国外メーカーの代理店もしており、半導体関連のご相談も多数いただいています。

主力事業・重点事業に取り組む理由や、やりがいについて教えてください。

海外の高品質でコストパフォーマンスが良い製品を、選択肢の一つとしてご紹介するためです。
半導体業界は、需要増・成長堅調が見込まれる業界です。今後はIoT市場、AI市場の拡大が加速するとみられており、一層、新しい潮流・新しい技術に対応する企業力が求められます。
私たちはそのような厳しい競争環境に立ち向かうお客様を縁の下で支える立場。お客様の力になれるよう、商社の立場からお客様が必要とする選択肢を提示できる存在でありたいと願っています。

薬液供給サービス全体の保守運用 薬液供給サービス全体の保守運用

中部事業所では、社内教育用のトレーニング用除害装置が設置されている。扱う装置の特性上、一歩間違えれば自分の身にも危険がおよぶため、一人前に扱えるようになるまで徹底的にトレーニングし、メーカーさながらの技術力を身に付ける。その備えを怠らない努力が非常時の対応力に繋がり、顧客から篤い信頼を頂くうえでの原動力になる。

今後、業界の変化に合わせてどのように変わっていきたいですか?
あるいはどのようなことを大切にしていきたいと考えていますか?

自社利益の追求を第一に考えるのではなく、常にお客様の発展を第一に、あくまでもお客様に寄り添う姿勢を大切にしたいと考えています。日々発展する半導体業界では求められる事もめまぐるしく変化します。お客様は私達を信頼し、そのうえで頼ってくださるのです。
ですから「それは私たちにはできません」とは絶対に言いたくないのです。
ご要求に応える為には知識ゼロからでも努力し、その時点で為し得ないことでも、必ず達成できるように努力します。その為にご協力戴いている方々も多数いらっしゃいまして、本当に頭があがりません。この場を借りて心より感謝申し上げます。

こちらの事業部に向いている人とは、どのような方でしょうか?

あらゆる事に抵抗感を持たず、柔軟に物事を考え対応できる方がこの事業部には向いています。
様々なモノやサービスを販売するだけではなく、お客様と一緒に、自由な発想で新たに何かを生み出せるような探求心が強い方を歓迎致します。また一部の業務で、海外企業とやりとりする機会もあるため、海外の方と積極的にコミュニケーションを取ってみたい方もお待ちしています。

「西村ケミテック」という会社になったつもりで自己PRをどうぞ!

弊社は、創業から「顧客満足第一主義」を掲げている会社です。国内外に散らばる各拠点によって地域性もお客様も異なりますので、それに応じて取扱いアイテムや業務内容が大きく異なるが故に拠点毎に様々な特性を持つ、面白い会社だと思います。
しかし根柢に流れる『顧客満足第一主義』という文化は同じです。弊社は商社という立ち位置に限定されず、ファーストコールカンパニーを目指しお客様とメーカー様に喜んで頂ける事であれば、何でも実行できる可能性を秘めた会社です。

この部署、この職種への就職を希望する方に一言お願いします。

私達の部署は年々変化し続けています。是非、一緒に切磋琢磨しながら成長して行きましょう。

WORK FLOW